•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎削り 経過 ブログ

顎削りの経過ブログをみていると、術後にあまりにも腫れがすごいので周りにばれないのか心配でたまりません。しゃくれを治すためにどうしても顎削りをしたいのですが、ダウンタイムはみなさんどのくらいの期間とっているのでしょう?失敗や後遺症の口コミもあるので一番の名医を紹介してほしいですが、上手い医者ほど費用は高額なのでしょうか?

上記は管理人のブログに寄せられた顎削りの経過ブログに関する相談者からのメールの一部抜粋です(※掲載の許可は得ています。)

これまでに自身も8度の美容整形手術を経験し、累計3~4万件の整形相談に載ってきた管理人。
その相談には顎削りの経過ブログに関するものも多く含まれます。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

顎削りの経過ブログとして有名なブログには、心斎橋コムロ美容外科にて顎削りの整形を受けられたaさんの「輪郭整形 顎削り経過blog」、優さんのアメブロ「顎 エラの骨削り 日記」、るるさんの「ヒミツのサイボーグちゃん。」などがあります。また、韓国での美容整形の経験のあるコプリオさんの「kopurio美容ブログ」も人気です。
顎削りには非常にたくさんの種類があります。オトガイの先を数ミリ削る施術も顎削りと呼ばれますが、これはあまり大きな効果を得ることができません。あごの長さを少しだけ短くしたいという方には向いていますが、受け口やしゃくれた顎を引っ込ませたい、顎自体の位置を変えたいという方には顎ほ骨切り手術が必要になります。下顎、上顎もしくは上下顎の移動を伴うオペとしては下顎枝垂直骨切り術(ivro)、下顎枝矢状分割術(ssro)、サジタール、両顎手術、上顎短縮のルフォーⅠ型骨切り術、オトガイ形成術、上下顎セットバック、上顎歯槽骨形成術、下顎歯槽骨形成術、上下顎分節骨切りなどがあります。
あごの長さや幅を変える手術としてはオトガイ水平骨切り(顎中抜き)、オトガイ垂直骨切り、オトガイT字骨切りなどがあります

顎削りの経過ブログには顎削り経験者の方が自身の経験をつづっています。中には経過を写真で追って公開されている方もいます。管理人のブログにはそれらのブログ画像と自身の経過を比較して、「○○ブログの××さんは7日目でこんなに腫れがひいているのに私はまだまだ腫れている。失敗ではないか?」とか「●●ブログの△△さんは痺れも痛みもないといっているのに私は痛いし感覚もまだ治らないけど大丈夫でしょうか?」などと、あせって相談を寄せてこられる方もいます。顎削りの術式が異なれば当然ダウンタイムや手術後の症状も変わってきます。顎削りの手術を受けた美容外科や医師によっても術後経過は違うのも当然。さらにそこに個人の体質も加わりますから術後経過は千差万別。明らかな失敗や不調が見られるときは早急に手術を受けたクリニックへ連絡を入れるべきですが、顎削りの経過ブログと比較してあれこれ焦るのは時期尚早、という方が多いのが事実です

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

ー 広島県 女性
顎削りでは顎骨の長くてごつい出っ張りをなくしたかったのでオペを選択しました。たしかにヒアルロン酸やレディエッセを注射すればしばらくは顔がシュッと細くなるんだろうし。エラボトックスを打つ方法で筋肉を弱らせることもできる。でもしゃくれをなおしたければ顎削りがベストなのはドクターズブログや2chの口コミでわかっていました。ダウンタイムきついししびれの後遺症が長引くリスクもある。でも顎削り経過ブログでも患者さんたちの経過の感想に助けられながらオペを決断することが出来ました。聖マリアンナ医科大学形成外科か東京警察病院形成外科のどちらかで手術したいと思っています。院長らの評判を教えてほしいです

ー 大阪府 女性
顎削りの体験談としては全身麻酔がけっこうつらかったです。目覚めてから気持ち悪くて2時間くらいえずいていたし、大量出血のせいか寒くてガタガタ震えていました。看護師さんがなんどか見に来てくれて時期におさまるといわれたけどあの数時間は一日以上に長く感じましたね。顎削り経過ブログの方たちもいっているとおり、手術初日は喉が痛くて眠れたものではありません。費用の安い韓国で有名な名医に執刀してもらう計画でしたが日本の病院でオペしてよかった。歯列矯正していて歯科から紹介状のもらえる方、もしくは顎変形症と診断された方は東京大学医学部形成外科、大阪大学医学部形成外科、神戸大学医学部美容外科などで保険適応の顎削り手術も受けられるそうですよ

ー 東京都 男性
どちらかというと男にしては小顔なのですけれど、顎削りとエラ削り両方いっぺんにやったのでさすがに腫れはすごかったです。2ch(5ch)で顎削りだけならそこまで腫れないという口コミを読んですっかり安心していました。けど骨切りの美容整形はそこまで甘くなかったですね。顎削り経過ブログの画像でしゃくれているのが治っている写真をみて顎削りたいとおもったのですが、ritz(リッツ)梅田院、品川美容外科、横浜エーブクリニックなど評判のいいところにかたっぱしからカウンセリング入れて病院をチョイスしました。
私の場合はエラ削りもやっているので顔の下半分がパンパンに腫れて大変でしたよ。顎削りは腫れないなんて思わない方がいい

ー 兵庫県 女性
顎削りで小顔になったし受け口も治りました。私はルフォーⅠ型骨切り術と下顎枝矢状分割術(ssro)をやりました。下顎枝垂直骨切り術(ivro)でもいいといわれましたが、ssroのほうが顔の横幅を細くできるよいうことで選択しました。口元が引っ込んでごつさから脱出し顔に自信がもてるようになり幸せです。術後は顔が腫れすぎて別人みたいになってしまい失敗したのではないかと一人で不安になりました。でも顎削り経過ブログの感想などをみて、腫れピークは3日ほどで過ぎじょじょに新しい輪郭がみえてくるという言葉を信じて待てました。術後のダウンタイムがおわっても顔は大きく変わったのでまわりに整形がバレるのは仕方ないです。美容整形の評判をたてられても平気なマインドを持つ人でないと顎削りは耐えられないかもしれません。高須クリニックや湘南美容外科、ユリシスクリニック浜松など口コミのいいクリニックもありましたが私は家から最寄りの病院でオペをしました

ー 宮崎県 女性
上下顎セットバックの顎削りをやったことで、卵形の輪郭に近づけ少し童顔になれました。
女性っぽくなったんだと思います。韓国での削り経過ブログの口コミをみてID美容外科でやろうかと思いましたが、料金を安くするなら小木曽クリニック、銀座フェイスクリニック、コムロ美容外科など随時モニターしているクリニックもあるので評判に敏感になっておいてモニター募集に応募するかキャンペーン期間に手術すれば日本でも思いの外安い費用に抑えられます

ー 千葉県 男性
顎削りのサジタールか両顎手術かオトガイ形成術のどれがいちばん受け口を治すのにベストかなやんでします。多分、顎削り経過ブログとか読んでいると一番受ける人多いのはオトガイ形成術なんじゃないですかね。このなかでも一番リスクの低い術式です。サジタールとか両顎手術で骨を削る手術って相当な勇気がいるので、患者が少ないと思う。だからどこのクリニックにいっても症例が少ない。でもその分大きく変われる顎削りの方法だと思うんです。2ちゃんねる(5ちゃんねる)の口コミでは痛いという評判がありますけど頬骨削りも一緒になろうと思っています。城本クリニックとヴェリテクリニック銀座院の評判はどうでしょうか?

△上記は管理人のブログに寄せられた「顎削り 経過 ブログ」に関する読者からの寄稿記事の一部です。中には賛成しかねる内容もありますが参考のため原文にちかい形で掲載しています

以上、今日のテーマは「顎削り 経過 ブログ」でした
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •