•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


安い頬骨削り ローン

頬骨削り 安い
美容整形の中では頬骨削りは比較的高額な手術の部類に入るのでできるだけ安い費用のクリニックを選びたいと考えている方も多いようです。
しかし、頬骨削りの失敗に遭ってしまった患者に多い共通点の一つとして、値段の安さに重きを置いて美容外科選びをしたという項目があげられます。
安かろう悪かろうではありませんが、頬骨削りをうけるクリニックを選ぶ際には料金の安さばかりに注目するのではなく、医師の経歴、所属学会や症例数、専門分野などをよく確認し、院内設備が整っているか、最新の医療機材を導入しているか、専門の麻酔科医がいるか、正規の看護師がそろっているかなどにも着目し決定してほしいと思います。

頬骨削り ローン
美容整形には健康保険は適応されないので、どうしても費用が高額になってしまいます。
ことに頬骨削りは120万円が相場という高額な手術です。
少しずつ貯金し一括で支払う方もいますが、整形ローンを利用する方も多くいるようです。
頬骨削りを含め美容整形のためにお金を借りるには様々な種類のローンがあります。
・病院が提携している医療ローン・メディカルローン
病院に貸してもらうのではなく、病院と提携しているクレジット会社との契約になります。
頬骨削りなどの術前カウンセリングの際に病院に紹介されて利用する方がおおい多目的フリーローンです。フリーローンということは、早く返済すれば返済するほど払う金利を押さえる事ができるといわれています。その多くは信販系ですが、美容整形のフリーローンは利率が高めな事が多いようなので注意が必要です。
また、最近では医療ローンは非常に審査が厳しくなってきているので審査に通過することが難しいかもしれません。
・消費者金融系のカードローン
消費者金融で有名どころはアコム、レイク、プロミスあたりでしょうか?
よくCMでも見かけるのでご存じの方も多いと思います。
これらの消費者金融を利用してカードローンを借りてそれを整形の資金にまわすこともできます。医療ローンと消費者金融系の金利はそこまで差がないといわれていますが、消費者金融系でローンを組むメリットは無利息期間があることです。無利息期間内での早めの返済が可能な見込みであれば消費者金融でキャッシングする手もあります。
しかし、二重埋没などの目の整形やプチ整形などの数万円~10万円程度の比較的安価な
美容整形なら無利息期間内で返済が可能かもしれませんが、100万円以上する頬骨削りとあってはあまり賢い方法とはいえないかもしれません。
・銀行系のカードローン
銀行カードローンは低金利でお得です。
信販系の整形ローンと比較するとかなり安いですが審査もやはり厳しいです。
しかし、銀行ローンは総量規制の対象外なので、収入がない専業主婦の方でも夫にきちんと収入があればキャッシングは可能です。
整形医療ローンの審査に通らないという方で銀行カードローンを選択される方も中にはいらっしゃいます。
また、最近なにかと話題のリボ払いには特に注意が必要です。
利息分しか返済できずいつまでたっても借金の元金が減らないという事態に発展する方も少なくありません。
いずれにしても、頬骨削りを含めやはり美容整形には精神的にも経済的にもある程度の余裕を持って挑んでほしいものだと思います。
ローンを組んで頬骨削りをして、失敗してしまって修正手術のためにまたローンを組み、それでも気に入らなくて・・という美容整形依存症&借金地獄に陥って人生を台無しにすることがないように、頬骨削りは十分に余裕のある計画を立てて行うべきです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •