エラ削り リスク

■エラ削りのリスク
エラ削りのリスクとしては術後に顔面神経や知覚神経麻痺、痺れなどの後遺症を生じる可能性があること、術後にたるみやしわが出る可能性があること、また、まれにではありますが術後感染や、手術中に使用される高温を発する医療器具によるヤケドなどが考えられます。

■エラ削り 整形
エラ削りは正式には下顎角形成と言われる美容整形です。
下顎骨の一部を除去しフェイスラインを整えることで、エラ張りを解消し美しい小顔を目指します。
口内から切開を行う口内法が主流ですが、エラの裏(あごの下)の目立たないところを切開して行う口外法で治療に当たるクリニックもあります。
口内法のメリットとしては、口の中を切開するため顔の表面に傷が残らないことと、骨を大きく切る事が可能なことです。
逆にデメリットとしては、腫れが強く出やすく、比較的長いダウンタイムが必要になることです。
口外法のメリットとしては、口内法に比べて腫れや痛みが軽いこと、ダウンタイムが短いことなどが挙げられます。
逆にデメリットとしては、顔表面に残る傷を極力小さくするために1~1.5㎝程度の切開口から手術を行うため大きく骨を切って形を整える事は出来ません。
傷口は目立ちにくいとはいえ、やはりうっすらと残ってしまいます。
また、エラ削りもクリニックにより手法が異なり、下顎角(エラの部分)だけ切り落とす美容外科、外板切除を行うクリニック、筋肉組織まで除去する美容外科、といろいろあります。

■エラ削りの効果
エラ削りによりエラの張りを半永久的に改善することができます。
エラ張りに対してはエラボトックス注射などのプチ整形の治療法もありますが、大きな効果がない上に、すぐに後戻りしてしまうという欠点があります。
エラ削りは下顎骨の骨自体を削るので後戻りしてしまうという心配はありません。
また、エラ削りは下顎角(エラ)だけでなく下顎骨全体にアプローチするため、エラが目立たなくなるだけではなく、顔の横幅を細くしシャープな小顔を作ることが可能です。

■エラを削りたい
エラ削りはエラの張りが気になる、顔が四角いのを治したい、角張った輪郭をなんとかしたい、顔の横幅を減らしたい、丸顔にしたい、シャープな顎に整えたい、小顔にしたいといった方に適応します。

■エラ削りの名医
エラ削りを含め、輪郭の骨削り・骨切りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。

■エラ削りのメリット
エラ削りは骨自体にアプローチするため、一度手術を行えば半永久的に効果が続き後戻りすることはありません。
また、口腔内から切開するため、傷跡が顔の表面に残りません。

■エラ削りのデメリット
骨を削ったり切ったりするため、一度失敗すると修正が困難になります。
また顔全体のバランスを考えて削らないとかえって顔が大きく見えてしまったり、他のパーツが目立ち不自然な顔立ちになってしまう可能性もあります。
また、骨にアプローチするため、腫れが大きくダウンタイムも長くかかる傾向にあります。

■エラ削りの後遺症
下顎骨にはオトガイ神経(三叉神経)が通っているため、術後に顔面神経や知覚神経麻痺、痺れなどの後遺症を生じる可能性があります。
また、技術の未熟な医師が執刀した場合、エラ削り後に輪郭の左右差を生じシンメトリーな輪郭にならなかったり、フェイスラインがガタガタになる症例も報告されています。

■エラ削りでたるみが出る?
エラ骨を大きく切り取った場合や年齢を重ねてからのエラ削りの場合はたるみが出るリスクが考えられます。
術後にたるみがみられても新しい骨格の位置に筋肉や皮膚組織がなじんで数ヶ月でたるみが解消する場合もありますし、そのまま残ってしまうケースもあります。
たるみ予防にエラ削りと同時にフェイスリフトなどを勧めてくるクリニックもありますが、もしフェイスリフトなどをするにしてもエラ削りが終わって術後の経過を見てからにしたほうが賢明でしょう。

■エラ削りの術前検査
エラ削りと一口にいっても、ほぼ下顎骨全体の骨をバランスよく整えていく必要があります。そのためにはセファログラム(顔面の規格レントゲン写真)やCTを撮影し、様々な骨の角度を計測して、どの部分をどの程度切除するかを医師と患者で話し合いながら決定していきます。
美容外科によっては様々な角度から見た手術後のイメージをソフトウェアによるシュミレーションを用いて説明する場合もあります。
他にも術前検査として、頭部X線検査、パノラマ撮影、胸部X線検査、心電図、各種血液検査などを行います。
手術中の出血に備えて自己輸血のために採血をしておくクリニックもあります。
また、エラ削り術後の神経麻痺、痺れなどの後遺症のリスクを防ぐためにも術前検査でオトガイ神経管の位置の確認をしておくことが重要になります。

■エラ削り手術が出来る大学病院
現在では、大学病院の美容形成外科、個人経営の美容外科などを含め美容外科専門の診療所は1000件以上存在すると推定されています。
時代が進むにつれ美容整形の需要も多くなり、大学病院で美容外科専門外来を設けているところもいくつか見られるようになりました。
本来、美容外科は形成外科の延長線上にあるものであり、形成外科を基礎とする高度な学問です。
美容外科に携わる医師は外科の基本トレーニングを十分に積み、形成外科の専門医を取得した者がなるべきですが、実際は形成外科の技術もおろそかな医師が多いのが現状です。
大学病院の美容外科ならいいかげんな医師はいないだろうと考えている方が多いようですが、残念ながら大学病院の美容外科医=名医ではありません。
それは、1年の大学病院の美容形成外科のエラ削りの症例数と個人経営の美容外科のエラ削りの症例数とを比較してみれば一目瞭然のはず。
大学病院の美容形成外科が気になる方は是非問い合わせてそこに在籍する医師が実際に何件のエラ削りなどの輪郭形成手術を経験してみるか訪ねてみるとよいでしょう。
いくら大学病院という後ろ盾があるからといって腕が良い医師がいるとか成功の確率が高いということとは別問題ということがよく分かるはずです。
可能なら、その医師が実際に執刀した患者の症例写真も見せてもらうとより良いでしょう。
それから、大学病院の美容形成外科は保険が聞くと勘違いしている方が時々いらっしゃいますが、大学病院の美容外科とて保険外診療なのは同じです。
大学病院の美容形成外科>個人経営の美容外科
とも
大学病院の美容形成外科<個人経営の美容外科
とも一概には申し上げられませんが、大学病院だから上手いとか安心だとか適切な料金でエラ削りを受けられるとお考えでしたらその考えは捨てたほうが賢明です。

■湘南美容外科でエラ削り
全国各位に医院があり、また比較的リーズナブルな値段でエラ削りが受けられる湘南美容外科。
随時、割引価格でエラ削りを受けられるモニターを募集していることでも有名です。

■エラ削りの費用
エラ削りの費用は各クリニックにより70万~170万と大きく異なりますが、日本での平均価格は120万円前後といわれています。

■エラ削りで失敗
エラ削りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
もし失敗しまうと修正手術・再手術が大変困難なだけではなく、顔の痺れや麻痺、咀嚼困難などの後遺症が一生残ってしまう可能性もあります。
エラ削りをするに当たっては形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。
また、エラ削りは全身麻酔下で行われる輪郭形成手術なので数日の入院が必要になります。
入院設備の整った術後の安全管理ができる病院を選択することも重要になります。

■エラ削りをした芸能人
男女問わず俳優や女優、モデルやアイドル、歌手やアーティストの中にはエラ削りをしたとうわさされている方が何人かいますね。
例を出すなら、元AKB48の前田敦子さん、田丸麻紀さん、栗山千明さん、熊田曜子さん、綾瀬はるかさん、有村架純さんなどです。
まれに、はるな愛さんなどのように自らエラ削りしたとカミングアウトさせる方もいますがふつうは仮にエラ削りをしていたのだとしてもそれは秘密にしておきたいものですよね。
「○○さんはエラ削りしています。」なんてこのブログ上で発言することはできませんが、小顔であたりまえ、美男美女で当たり前の芸能界にあってはエラ削りなどの美容整形で美を手に入れたくなる気持ちもわかります。

■エラ削りの症例写真
美容外科の多くはクリニックのホームページに自院で手術した患者のBefore&Afterの症例写真を掲載しています。
中にはメイクや照明などは同じ条件で、手術箇所の変化のみわかりやすいように撮影しているクリニックもありますが、ほとんどの美容外科は、術前のBefore写真はすっぴんに暗めの照明、無表情。術後のAfter写真はバッチリメイクに笑顔で照明もガンガンあたっています。これでは肝心の術部の変化がよく分かりません。
さらに、Before&Afterで劇的に変化しすぎている症例写真をよく見かけます。
近年の写真加工の技術の進歩は目覚ましいものがあります。
肌質を美しく整えるのはさることながら、一重の目を二重にしたり、黒目を大きくしたり、アイキャッチを入れて目をキラキラにみせたり、鼻筋を通したり、輪郭を調整して顔を小顔に見せたり、胸の大きさを盛って自然な谷間を作ったり、ウエストを細くしたり、足を長くしたり・・と写真加工だけで整形しないでも別人に見せられるレベルです。
実は美容外科の中には術後の症例写真に対してこの写真加工を施して術後の変化を強調しているクリニックも存在します。
もちろん、だからといってすべてのクリニックが症例写真を加工しているわけではありません。しかし、Before&Afterの症例写真を鵜呑みにして、同じような手術効果が得られると期待するのは少々安易な考えのように思います。

■エラ削りのモニター
エラ削りは比較的高額な手術ですのでコスト面を考えて美容整形モニターを利用したいと考えている方もいるでしょう。
モニターになれば、通常の30%〜80%オフの料金で施術を受けられたり、中には無料で治療できることもあります。
現時点で、エラ削りのモニターを募集しているクリニックは湘南美容外科、横浜エーブクリニック、こいずみ形成クリニック、ガーデンクリニック、品川美容外科などがあります。
モニター募集の情報は、クリニックの公式ホームページやフリーペーパー、雑誌の広告などに掲載されています。
美容整形モニターは、後からクリニックの広告に利用する前提で割引が受けられる制度です。HPや雑誌への顔写真の掲載、TVへの出演、体験談や施術後の感想が、実名で公表される場合もあります。
顔写真の掲載も、施術を受けた部位だけのケース、顔全体の写真が掲載されるケース、目に黒い帯やモザイクを入れるケース、術部以外にぼかしを入れるケースなど様々です。
一度インターネットに載るということは半永久的に完全削除が難しいと考えるべきです。
特に家族や身内に美容整形手術を受けたことを知られたくないという方は、この点をじっくりと考えてからモニターに応募するようにしてください。
合わせてフルネームでの掲載、実年齢などの個人情報をどの程度公表するかは、クリニックに問い合わせ事前に細かく確認しましょう。
また応募したからといってすべての人がモニターになれるわけではありません。
応募後、クリニック側の審査を経てこの人には当院のモニターになってほしいという方が選ばれます。また、手術自体は無料や格安で受けられても、アフターケアやメンテナンスに高額の費用がかかる可能性もあります。術後のケアの取り扱いについても必ず確認するようにしてください。

■エラ削り体験談
ネット上の掲示板や口コミサイトには手術経験者を名乗る人たちが体験談を書き込んだり、感想を言い合ったりしているものが多くみられます。
エラ削りを受ける際に、実際に手術を体験した人の体験談を参考にしよう、と考えている方も多いようです。
しかしながら、そこにかかれている「体験談」は本物なのか怪しいものです。
数ある美容外科やクリニックのなかには、スタッフにネット上の口コミサイトや掲示板への投稿ノルマを課しているところも実在します。
つまり自院で手術を受けた患者を装い「ここのクリニックでエラ削りをして成功した」という体験談を書いたり、ライバル院を名指しして「ここでエラ削りをやって失敗してしまった」と投稿したりしているのです。
また、裏では特定の医院と結託しており、相談者を上手くそれらの医院に紹介し、手術することになればその手術料の一部をバックとしてもらうことを生業としている「紹介屋」なるものの存在も忘れてはいけません。
口コミサイトやその他掲示板にも真実が書かれていることは無論あるでしょうが、ネット上の体験談を鵜呑みにすることはエラ削りの手術失敗への第一歩ともいえるでしょう。

■エラ削りランキング
ネット上には「エラ削りの上手な美容外科ランキング」、「エラ削りの体験者による口コミランキング」なるサイトがいくつも見られます。
管理人は個人的にはそれらはほぼまったく参考にする価値はないと思っています。
ネット上には誰しもが自由にサイトを作れますから、例えばAクリニックが集客目的で「エラ削りの上手な美容外科ランキング」というサイトを作成し、その1位にAクリニックの名前を書くことができますし、「エラ削りの体験者による口コミランキング」を作り『Aクリニックで成功してきれいになれました☆』、ライバル院のB美容外科に対しては『B美容外科でエラ削りして失敗された!』なんて”体験談”を書くことだってできてしまうからです。
もちろん、中には本当にエラ削りの手術を体験した方々によるランキングサイトもあるでしょうが、いずれにしてもそれらの情報を鵜呑みにするべきではありません。

■エラ削りをやっているとされる主なクリニック一覧
アーティスクリニック、アイルクリニック、アネシス美容クリニック、ヴェリィ美容形成クリニック、ヴェリテクリニック、恵比寿ASクリニック、大塚美容形成外科歯科、ガーデンクリニック、共立美容外科歯科、クリニカ市ヶ谷、慶友形成クリニック、こいずみ形成クリニック、小木曽クリニック、コムロ美容外科、酒井形成外科、サラ美容外科、自由が丘クリニック、十仁美容整形、湘南美容外科クリニック、しらゆりビューティークリニック、城本クリニック、タウン形成外科クリニック、高須クリニック、タカナシクリニック、東京イセアクリニック、東京美容外科、ドクターゴールドマンクリニック、名古屋形成クリニック、名古屋中央クリニック、百人町アルファクリニック、プリモ麻布十番クリニック、真崎医院、松林景一美容クリニック天神、南クリニック、ヤスミクリニック、横浜エーブクリニック、ライフクリニック、ラ・クリニカシズオカ、リッツ美容外科、リラ・クラニオフェイシャル・クリニック、ID美容外科、BKトンヤン美容外科

 

■エラ削り リスク
当サイトは読者からの寄稿記事を主体に構成している部分があります。
「エラ削り リスク」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(※掲載許可は得ています)

<**さん>
この記事を読んだことで美容整形を受ける勇気をもらいました。
ぼくはずっと外見のことで悩んできました。
周りの友達に比べて明らかに不細工で、あるブサイク売りの芸人の名前があだ名で、ずっとその名前で呼ばれていました。
内心はとてもいやで傷ついていたのですが、ぼくは学校で明るい元気なキャラクターと思われてきたし、自分でもブサイクなことをネタにして笑いをとったりしてきたので、周りもぼくの悩みには気づかなかったのだろうと思います。
この記事を見つける前は、外見のコンプレックスから美容整形まで考えるぼくは異常なのではと思っていました。
周りの友達で美容整形に関心がある人なんかいないし(少なくともぼくが気がついている範囲では)美容整形なんて芸能人とかセレブとか、テレビの中の世界の人がやるもので、身近な人がやろうものならネタにしかならない、といった空気でした。
その一方で外見の悩みは成長するにつれどんどん深刻になっていきました。
子供のときは親戚や周りから「かわいい」といわれていたのですが、小学校、中学、高校と進むにつれどんどんごつく醜く成長してしまいました。
特に中学、高校の頃は成長期のホルモンなどの関係で一時期誰でもすっごくブサイクになる時期があるらしいのですが、ぼくの場合はずっとそのまま、大学に入っても洗練されず、むしろ大人になればなるほどどんどん醜くなる一方です。
毎日鏡を見ては、ぼくはいったいどこまでブサイクになってしまうのだろう、このままでは異性と付き合うこともできないまま、一生ブサイクと呼ばれ続けるのではないかと暗澹たる気持ちでいました。
しかし、外見の深い悩みのことなんて誰にも相談できるわけもなく、学校では明るく振る舞い、毎日家に戻って一人になっては美容整形のことをポチポチと検索する、だからといって実行に移す勇気はない、というような日々を送っていました。
そんなある日、ネットサーフィンをしていて偶然この記事を見つけました。
他の寄稿記事も全部一気に読みました。
男女問わずどの投稿者も美容整形について真剣に悩んで、現状を改善しようと取り組もうとしていて、今まで美容整形を恥だと思っていた自分が逆に恥ずかしくなりました。
ぼくは弱い人間なので、やはり周りに美容整形を受けることをオープンにはできませんが、美容整形を受けてなりたい自分になるのはなんら恥ずかしいことではない、むしろ努力とさえ呼んでいいと思えるまでになりました。
もちろん、手術を受けるためのお金は自分で稼ぐつもりですし、やるからには絶対に成功させたいので最高の名医にお願いするつもりでいます。
このサイトは自分の意識改革の上で大変参考になりました。
内面にも外見にも誇りを持てるような自分になりたいと思います。

<**さん>
以前、美容整形を受けたことがあります。
高額のお金を払ってコンプレックスをなくそうとしたのに、逆に手術した部分がコンプレックスになってしまいました。
このサイトのことを知り、美容整形に関する投稿をたくさん読みました。
そして、もしかしたら修正手術で以前に失敗してしまった部分が治せるかもしれないという希望が持てました。
高校生になった頃から自分の見た目に対するコンプレックスが強くなりました。
メイクや洋服に関心が出てきて友達とショッピングに行ったりしましたが、自分だけはなにを着ても似合わず、メイク映えもしなくてとても惨めな気持ちになりました。
その頃から成人したらすぐに整形をしようと心に決めていました。
そして、二十歳になってすぐに整形手術を受けました。
ネットではかなり口コミのいい有名な美容外科での手術でした。
しかし結果は失敗。
自分の思い通りじゃなかったというレベルではなくて、どう見てもあきらかな失敗なのに医師に訴えても「様子を見ましょう」としかいわれず、落ち込む日が続いていました。
そんなときに見つけたのがエラ削り リスクの記事でした。
投稿者の方の中には私と同じく美容整形に失敗してしまった人も多くいて、それだけでも失敗して苦しんでいるのは私だけじゃなかったんだと安心できました。
そして、修正手術を受けてきれいに治った方の寄稿記事に希望をもらいました。
今は手術のために貯金を全部使ってしまったので修正を受けることができませんが、早くお金を貯めて修正手術を受けたいです。
エラ削り リスクの記事をもっと早く見つけていればこちらに相談して確かな技術の先生のところで手術が受けられていたのに。
勉強代としては高すぎる金額を払ってしまいましたが、失敗して一人で泣いていた絶望の日々を考えると、治せる希望があるだけいいと思わなくては。
今度カウンセリングだけでも先に受けてみようと考えています。
とにかく、このサイトのおかげで前向きになれました。
ここから修正手術への道のりはまだまだ長いですが、一歩一歩がんばってみようと思います。

<**さん>
こちらの寄稿記事を参考にさせていただき、美容整形を受けました。
手術からもうすぐ半年ですが、腫れも引き完成に近い状態だと思われます。
手術後の顔は自分でもかなり気に入っています。
この歳になって生まれ変わった気がしています。
思い切って手術をして本当に良かったと感じています。
独身生活を50近くなるまで謳歌してきました。
結婚願望はなかったので生涯独身で終えるつもりでいました。
自分は顔もそう悪くはなく、太らないタチだったので身体もスリムで女性には苦労しませんでした。
しかし、40半ばを過ぎたあたりから急に太り始めてMAXは3桁に届くくらいになってしまいました。さすがに医者からも注意されダイエットで30㎏ほど落としましたが、やせたあとは余った皮がだるだるにたるんで、身体もしわしわ、顔はブルドッグ状態になってしまいました。
そんなときに、何年かぶりに好意を抱く女性が現れました。
彼女は私よりも一回りも年下ですが、生まれてはじめて一緒になりたいと思うほど真剣に想っています。
しかし、今の自分にはとても彼女に積極的になる自信がもてません。
そこではじめて美容整形に関心を持ちました。
こちらのサイトを見つけるまでにいろいろな美容外科のサイトを見ましたが、術式や費用がばらばらでどこに決めていいのかがわからりませんでした。
評判をまとめたサイトや口コミサイトも見ましたが、感情的な書き込みや同業者(美容外科医)による自演とおぼしき書き込みか目立ち信頼するに足りず参考になりませんでした。そんなときに偶然見つけたのがこのサイトの存在を知りました。
美容整形について無知だった自分にとって読者の体験談は新鮮で参考になりました。
手術自体初めての経験でしたが、執刀医に全幅の信頼を寄せていたので不安はありませんでした。
手術が終わった今、初めて会った人には30代と思われることもあります。
身体も改めて鍛え直し今は再び自信に満ちています。

<**さん>
一年半ほど前に美容整形を受けました。
その際には御サイトの寄稿記事にとても励まされました。
手術に成功してから人生で初めて男性と付き合い、来月その彼と入籍します。
勇気を出して美容整形手術をうけて本当によかった。
大変なこともありましたが、あの手術で人生を変えることができたと思っています。
私は子供の時から自分に自信がなく、とくに外見に関しては強いコンプレックスを抱いていました。高校生くらいからメイクの魅力にはまりメイクである程度化けることができることを覚えましたが、やはりコンプレックスは消えず。
素の顔を隠すために今考えると相当濃いメイクをして学校にも通っていました。
男の子から告白されたこともありますが、いつかスッピンを見せなければならないときがくるのが恐怖で断ってしまっていました。
メイクの専門学校に行き、その後はメイクのアシスタントとして働きました。
モデルさんや女優さんのメイクにもよく同行するのですが、メイクアップアーティストとして仕事の喜びややりがいを感じる一方で、モデルさんや女優さんはスッピンも本当にきれいな人が多いので、自分の醜い素顔と比較してしまって絶望的な気持ちを感じることも多くありました。
記事を投稿された読者の中にも最初は美容整形に抵抗を持っていたという方が多かったように思いますが、私もまたその一人で、きれいになりたいけれど整形までするのはなんだかいけないことをするような気がして、なかなか整形しようという勇気はでませんでした。
美容整形を受けることになったのはあるモデルさんのメイクを担当した時でした。
そのモデルさんのアイメイクをしているときにまぶたに不自然な傷跡のような線があることに気付きました。
するとモデルさんは悪びれる様子もなく「整形した跡が残ってるんで見えないように消してください」と。
それから注意してモデルの方たちの顔をみているうちに美容整形を受けている人が結構いるらしいことが分かってきました。
そのことがきっかけで美容整形に興味が沸き、調べていて見つけたのが御サイトでした。
寄稿された方たちはみんな自分の容姿について真剣に悩んで改善する道を探していました。
それらを読んでいるうちに、美容整形は決して悪いことではないのではないか、自分らしくより良く生きるための一つの道なのではないかと考えが変わってきました。
そして仕事を独立したタイミングで手術。
無事に成功して今では自分の容姿に自信を持っています。
外見に自信を持つと心も変わりますね。
以前より積極的で明るくなれたように思います。
運命の人に会えたのも美容整形をきっかけに心身ともに生まれ変われたおかげだと思っています。
記事を投稿してくれた方々にはとても感謝しています。