•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


鶴木クリニック ブログ

鶴木クリニックのブログで顎変形症の手術についてどういうふうに治療するのかが大体イメージがつきました。今大学2年生で外科手術前提の矯正治療を考えています。受け口で上顎は後ろにひっこんでいるため、口元は陥没して顎のしゃくれがとても目立ちます。親は顎の骨切り手術に反対していますが、私は歯列矯正だけしてこの外見を変えられないのはいやです。鶴木クリニックでルフォーI型骨切りと下顎矢状分節骨切り術をやってまともな口元にしたいです。鶴木クリニックのブログには矯正治療だけでは健康保険が適用できないと書かれていました。費用のことを考えてもあごの手術を受けるのがベストだと思っています

上記は管理人のブログに寄せられた鶴木クリニック ブログに関する相談者からのメールの一部抜粋です(※掲載の許可は得ています。)

これまでに自身も8度の美容整形手術を経験し、累計3~4万件の整形相談に載ってきた管理人。
その相談には鶴木クリニック ブログに関するものも多く含まれます。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

ー 埼玉県 女性
ガミースマイルと出っ歯と頬骨の出っ張りがとてもコンプレックスです。ルフォーⅠ型骨切り術とSSROという上下の顎の骨を切る手術で治るということを美容整形の口コミサイトで知りました。美容外科医にはやぶ医者も多くて失敗の評判や医療事故がたくさんあるようなのできちんとした大学病院などで手術を受けたいと考えています。鶴木クリニックのブログでは手術をするなら矯正治療に保険が効くと書かれています。鶴木隆先生は顎変形症のスペシャリストだそうですし、鶴木クリニックのブログの症例写真も自然な口元になおっているように見えます。鶴木クリニックでのルフォーⅠ型骨切り術とSSROの手術についてなにか情報がありましたら教えてください

ー 千葉県 女性
上下顎分節骨切りを○○美容外科で受けたのですが口元が平面的になってしまい、歯茎にも凹みが残ってしまって大きく笑うと見えてしまうので非常に気になります。鶴木クリニックのブログには矯正治療についてくわしく書かれていますが、いまもう矯正治療の最終段階でマウスピースの補訂期間です。外科矯正の体験談で2度目の手術や矯正をやったかたもいると知り、もし可能であれば鶴木クリニックで手術をやり直したいです。その場合費用はどのくらいかかるのでしょうか?また、顎の骨は術後1年でまたメスをいれても問題ないですか?Twitter(ツイッター)で#受け口#顎骨切り#ガミースマイル#オトガイ骨切り#出っ歯#下顎骨切り#上顎分節骨切り#顎骨削り#下顎プロテーゼ挿入#下顎分節骨切り#下顎前突#セットバック#下顎前突症#下顎骨形成術#上顎前突症#下顎骨形成#垂直骨切りなどとググり顎変形症の症例をみていますが、三田分院の鶴木三郎先生や本八幡本院の鶴木隆先生は外科矯正で有名な名医だそうなので治療を検討しています

ー 東京都 女性
上下顎前突で反対咬合です。総合病院の矯正歯科でLe Fort I 型骨切り術と下顎枝矢状分割術の手術を口腔外科で受けることをすすめられましたが、ネットでその総合病院の口腔外科の評判を調べたところ、顎変形症手術をしてもあまりルックスに満足いかないという口コミがいくつか見られ、顎変形症をみてくれる病院の評判を自分で調べています。反対咬合ももちろん治したいのですが見た目がきれいになることも私には大事です。鶴木クリニックのブログはスタッフの方が書いているのでしょうが、矯正や手術にくわしいことは伝わります。2ch(5ch)では失敗評判もありますが、instagram(インスタグラム)で#Le Fort I 型#上下セットバック#下顎セットバック#上顎セットバック#顎形成術#顎中抜き#ガミースマイル修正術#アゴプロテーゼ挿入#顎骨切り移動術#反対咬合#上顎歯槽骨形成術#下顎歯槽骨形成術#下顎角骨切り術#両顎手術#上顎前突などとしらべてモニター写真をみても美容外科での手術は少しリスクが高いと思います。なにより保険診療でないと料金がきついですし。鶴木クリニックのブログのよれば矯正も外科手術も鶴木クリニックで受けられる(たぶん千葉の本八幡院まで行かなければいけませんが)ようなので鶴木クリニックが本当に安全なのであれば春からでも始めたいです

△上記は管理人のブログに寄せられた「鶴木クリニック ブログ」に関する読者からの寄稿記事の一部です。中には賛成しかねる内容もありますが参考のため原文にちかい形で掲載しています

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

鶴木クリニックのブログでは、矯正治療、外科手術、歯周病、虫歯、インプラント、大人の矯正、子供の矯正など鶴木クリニックで行われている施術について詳しく書かれています。歯列矯正といえば一昔前までは目立つ銀色のワイヤーを歯に装着する必要があり、その見た目や装着時の滑舌の悪さなどから倦厭する人も多くいました。現在では改良が進み、歯の裏側から行う歯裏矯正(舌側矯正)や無色透明の矯正装置なども出ています。またマウスピースだけで矯正を行うマウスピース矯正もあります。症状に応じてこれらが可能であるかそうでないかは分かれますが、目立たず矯正をすることが可能になりつつあります。
また鶴木クリニックのブログでも書かれているように、顎の位置や大きさに以上がある場合は顎の骨を切って移動させる外科手術を伴うケースもあります。
鶴木クリニックは顎変形症の治療を専門とするクリニックでもありますので健康保険適用による矯正治療も実施しています

以上、今日のテーマは「鶴木クリニック ブログ」でした
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

最新記事
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •