•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


鶴木クリニック 両顎

鶴木クリニックで両顎手術をしようか迷っています。下顎前突なので上下顎骨切り術(ルフォーI 型骨切り術+下顎枝矢状分割術)で顎のしゃくれを後ろに引っ込めたいのですが、元々は韓国で両顎手術を受けるつもりでした。韓国の韓国EU口腔顎顔面外科は両顎手術専門の病院で症例数が多く医師の評判もいいクリニックです。日本の美容外科より費用が安いためここでの手術を考えていましたが、2ch(5ch)の顎変形症スレで鶴木クリニックのことを知り、両顎手術でも保険診療が可能ということで国内での手術を検討するよういになりました。鶴木クリニックでの両顎手術の口コミを教えてください。失敗症例・成功症例どちらも知りたいです

上記は管理人のブログに寄せられた鶴木クリニック 両顎に関する相談者からのメールの一部抜粋です(※掲載の許可は得ています。)

これまでに自身も8度の美容整形手術を経験し、累計3~4万件の整形相談に載ってきた管理人。
その相談には鶴木クリニック 両顎に関するものも多く含まれます。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

ー 東京都 女性
反対咬合で悩んでいます。矯正治療は子供のときにしていましたが、ワイヤーの見た目に耐えられなくて途中で止めてしまいました。大人になってからやっぱりやっておけばよかったと後悔しています。口コミサイトで受け口や反対咬合の矯正について調べていて、外科矯正を知りました。ルフォーⅠ型骨切り術とSSROで骨を引っ込めることができるとうう評判を知ったときは整形しなくても理想の見た目が手にはいるかも知れないととてもうれしくなりました。鶴木クリニックでは両顎手術を保険の料金でできるらしいですね。しかし、失敗すれば一生後遺症がのこる可能性もあるとききます。鶴木隆先生の症例写真はどれもきれいに外見がととのっていますし、鶴木クリニックの両顎手術は入院期間が国内で最短、ダウンタイムも最短でしかも費用は保険診療のため30~50万ほどだと聞きます。美容整形だと160万ほどする両顎手術ですが、鶴木クリニックと美容外科の両顎手術は同じ方法なのでしょうか?

ー 愛知県 女性
出っ歯と顎なしをLe Fort I 型骨切りと下顎枝矢状分割術の両顎手術で治療したいと考えています。両顎手術のオペを受けた方の体験談ブログを拝見したり、Twitter(ツイッター)で#下顎前突症#顎骨切り#ガミースマイル#顎骨削り#出っ歯り#上顎分節骨切り#下顎プロテーゼ挿入#下顎分節骨切り#アゴプロテーゼ挿入#上顎前突#下顎前突#下顎骨形成術#受け口#上顎前突症#下顎骨形成#垂直骨切りなどとググっていると大学病院や総合病院で手術する方も多いようです。鶴木クリニックのような個人院で両顎をおこなっている口腔外科は東京でもそんなにたくさんはないようですが、鶴木クリニックの鶴木隆医師と息子さんの鶴木三郎先生の口コミを教えてください。名医がいる病院なら東京でも大阪でもかまいません

ー 千葉県 女性
上下顎前突で手術を伴う矯正が必要だと診断されました。上顎歯槽骨形成術+下顎歯槽骨形成術になりそうなのですが、鶴木クリニックでの両顎の評判はどうでしょうか?2ch(5ch)では鶴木クリニックはあまり口コミがよくありませんね。あごの骨を切る手術だし、ダウンタイムが長く価格も高いので修正の効かないオペになると思います。絶対に失敗したくはありません。#オトガイ骨切り#上下セットバック#顎形成術#顎中抜き#ガミースマイル修正術#顎骨切り移動術#下顎骨切#下顎角骨切り術などのタグでinstagram(インスタグラム)でモニター症例をみていますが、どうしても美容外科での手術のモニター画像のほうが全体としてまとまりがよい術後に見えます。鶴木クリニックでの両顎手術はあごの骨切りだけで目や鼻などのパーツはいじらないためだと思いますが、上顎の手術で鼻が変形することを考えると鼻も治したいと考えていまいます

△上記は管理人のブログに寄せられた「鶴木クリニック 両顎」に関する読者からの寄稿記事の一部です。中には賛成しかねる内容もありますが参考のため原文にちかい形で掲載しています

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

鶴木クリニックでは両顎手術(上下の顎の骨切り)をおこなっています。
両顎手術という表現は主に韓国でされています。これはいわゆるルフォーI 型骨切り術+下顎枝矢状分割術の上下顎骨切り術のことです。
ルフォーI 型骨切り術+下顎枝矢状分割術の両顎手術では上顎を鼻の下の位置で水平に骨切り、下顎は奥歯の一番奥の部分で斜めに骨切りすることで、抜歯せずに顎の位置を前後左右に自由に動かせるというものです。これにより、受け口・しゃくれ、出っ歯、ガミースマイル、左右非対称症、下顎後退、上顎後退などあらゆる顎変形症を治療することができます。
鶴木クリニックでも顎変形症治療のために多くの両顎手術がおこなわれています。

以上、今日のテーマは「鶴木クリニック 両顎」でした
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •