•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


韓国 エラ削り 医師側から見た感想

今日のテーマは「韓国 エラ削り 医師側から見た感想」です。
美容整形といえば韓国を連想する方も多いと思います。
近年では、韓国は国内では美容医療市場が飽和状態なので海外、特に日本、東南アジアへの進出が進んでおり日本語で書かれた韓国の美容外科サイトはもちろん、”韓国への美容整形ツアー”と称して韓国への渡航、手術、現地での宿泊、通訳も込みで格安の料金でまるで旅行パックのようにして美容医療を売り出している業者も多数存在しています。

管理人は韓国で医療に携わった経験のある医師や看護師との接点もありますが、彼らに韓国美容医療の内幕を聞いたところ、韓国の医師や技術者たちの多くはモチベーションが非常に高く、皆英語が堪能であり将来的にアメリカを含め海外に進出したいという意欲とパッションにあふれているそうです。
その一方で、仕事は早いが乱暴で、日本ではあり得ない処置で手術が進められる。
手術室及び院内の清潔への観念の欠如。
いかに短時間で収益性の上がる治療を優先するかという徹底的な合理主義などが気になったということでした。

もちろん、これは彼らの個人的な感想でありますし、クリニックにもよりけりなのですべての韓国の美容外科がこれに当てはまるとは限りません。
しかし、彼らは異口同音に全体的な印象として「日本ほど丁寧で繊細な手技の国はないのではないか」「日本にも粗暴な美容外科は存在するが、やはりどの国よりも患者に寄り添う医療を提供しているといえるのではないか」という感想を口にしていました。

だからといって、日本の美容外科のすべてが繊細な手技を提供する、患者の安全を第一に考える良心的なクリニックだと、管理人は露ほどにも思っておりませんよ!
管理人は美容外科医の9割はお金と向き合うだけで患者とは向き合わないと思っていますから。。
美容整形で失敗したくないのなら、その道の名医に託さねばなりません。
今日、この記事を書くに至ったきっかけは、
「韓国でエラ削りをしたいが安全か?」
という旨の問い合わせメールかあまりにも多く寄せられるためです。
今日のこの記事が少しでも参考になれば幸いです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •