•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


【保存版】コンデンスリッチ豊胸

おはようございます!
今日のテーマは「コンデンスリッチ豊胸」です。
女性にとって女らしさと美の象徴であるバスト。
バストを大きく美しくするための豊胸術は美容整形の中で最も人気の高い施術の一つです。管理人のブログへの相談で多い内容は、
「豊胸術を受けたいがバッグ豊胸か脂肪注入豊胸で迷っている。」
「コンデンスリッチ豊胸、セリューション豊胸、ピュアグラフト豊胸は結局、どれが一番いいの?」
「今入れているバッグが拘縮してしまったので除去(抜去)して、脂肪注入豊胸をしたい。」「やせているけどコンデンスリッチ豊胸はできますか?」
といったものが多いですね。
あと、具体的なクリニック名や医師名を羅列してこられて、このクリニック・医師に施術を受けても大丈夫か?という質問もかなりあります。(そのたびに辛口でクリニックなり医師なりの評価をお答えしているので肩を落としてしまっている方も多いかもしれません(*_ _)人ゴメンナサイ)

このページにたどり着いた方はコンデンスリッチ豊胸のことは、もう調べ済みでご存じの方が多いでしょうから、施術についてはザザッと簡単にご説明します。

コンデンスリッチ豊胸とは脂肪注入豊胸の一つの方法。気になる部分から脂肪吸引し、(太ももの場合が多い)胸に移植します。脂肪吸引によって採取した脂肪を外気に触れさせないまま遠心分離にかけ、特許を取得しているおもりとフィルター付きの遠心分離器でしこりの原因になる死活・老化細胞や細胞膜などの不純物の除去を行います。この機械で濃縮(コンデンス)する事で質のいい脂肪を取りだします。
遠心分離で重力をかけることにより、脂肪細胞に圧力がかかって、弱った細胞を破壊することができます。その上、質のいい細胞や定着に関与するというSVFという細胞は破壊されずに残ります。このように、排泄オイルになった液体と残ったコンデンスリッチファット(CRF)をしっかり分離させ、バストに濃縮された脂肪を注入することで定着率アップを図ります。
コンデンスリッチ豊胸で濃縮された脂肪をバストに注入するときに、1カ所にまとめて注入してしまうと、脂肪が胸の中でしこりや大きな塊(石灰化)になるリスクが高まります。1カ所にまとめて脂肪を注入してしまうと、しこりの中心部に血液や酸素が通わず、脂肪が壊死してしこりや石灰化といったトラブルを招く結果になります。なので、近年では脂肪を数カ所(複数の層)に分散して注入する方法で脂肪注入豊胸を行うのが主流となってきています。

さて、コンデンスリッチ豊胸で特質すべきはその効果についてです。そもそもわざわざ機械にかけて脂肪を濃縮(コンデンス)するのは、定着率を上げるためなのですが、これらの過程がまったくのムダと主張する医師も少なくはありません。
その医師らの主張によるともし脂肪注入するのだとすれば採取した脂肪を出来る限り早く注入すべきであって、フィルターにかけたり濃縮したりすることはまったくのムダ手間であるということです。

コンデンスリッチ豊胸を受けるためにネットでクリニックを行っている方、あるいは実際にカウンセリングに出向いた方はご存じの方もいるかと思いますが、シリコンバッグ豊胸をおこなっていて評価の高い医院でも、(あるいは豊胸専門の病院であっても)うちは脂肪注入豊胸はおこなっておりません!というクリニックは少なくはないのです。
その答えは簡単、コンデンスリッチ豊胸は未だ非常にリスクの高い施術方法である”からです。コンデンスリッチ豊胸のリスクというのは具体的にはしこりや石灰化、そして注入した脂肪が吸収され元のサイズに戻ってしまう可能性のことをいいます。
また、注入された脂肪が乳ガンの原因となることはないとはいわれているものの確証はありません。
コンデンスリッチ豊胸の失敗例としては、注入した脂肪がしこりや石灰化をおこした
術後に経過とともにバストがもとに戻る。ダウンタイムが終わっても腫れがとれない・痛い。口コミの良い名医に定着率は80%といわれコンデンスリッチ豊胸したのに、元にもどってしまった。安い料金につられてモニターで受けて失敗して胸に左右差がある。脂肪が均等に入っていない等々。。

そもそも、脂肪注入による豊胸が行われるようになってから20~30年そこそこ。日本でコンデンスリッチ豊胸などが盛んになってからまだ10年あまりです。なのにコンデンスリッチ豊胸などの脂肪注入豊胸術を行っているクリニックは口を揃えて、「効果は半永久的」「乳ガンになる心配はない」「注入後授乳に影響はない」などどいいます。(これは日本でコンデンスリッチ豊胸が行われ出してからすぐに宣伝文句として使われている言葉ですが汗)ちなみに、管理人は美容外科医の女医さんの知り合いがそれなりにおります。そして、その中の3人の女医さんは自らも豊胸手術を受けています。ここからが問題なのが、その3人の女医さんは脂肪注入の豊胸手術を患者にはおこなっているにもかかわらす、3人とも自分はバック挿入の豊胸手術を受けているのです。この現実をどうとらえたらいいのでしょう?

また、美容医療先進国であるアメリカでは1990年代に起きた脂肪注入豊胸に関する裁判が原因で脂肪注入豊胸は一気に下火になりました。
今ではコンデンスリッチ豊胸を含む脂肪注入豊胸を行っている美容外科はアメリカにもありますが、インプラントバッグ豊胸に比べればまだまだ少数です。
脂肪注入による豊胸手術の技術が10年前と比べると上がってきていることは確かです。しかし、経年の効果やリスクに対するデータはまだまだ乏しく、「100%安全である」とは誰にも断言できないでしょう。今はまだ、コンデンスリッチ豊胸を含む脂肪注入豊胸術は未完成の施術といわねばなりません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

▽下記はコンデンスリッチ豊胸をおこなっているクリニックの一部です。
ガーデンクリニック、北村クリニック、モッズクリニック、THE CLINIC@東京(ザ・クリニック)、湘南美容外科、品川美容外科、池田ゆう子クリニック、共立美容外科‎、有楽町美容外科クリニック、横浜 徳重クリニック、池本美容外科・形成外科‎、コーラルビューティークリニック、銀座みゆき通り美容外科、新垣形成外科、スクエアクリニック、神成美容外科、湘南美容外科クリニック 神戸院 、神戸中央クリニック、こうべ花時計クリニック 、Dual Clinic 神戸 、新宿ビューティクリニック、あつぎ美容クリニック、エースクリニック、あやべビューティークリニック 、 ビュークリニック桃の里 岡山 美容外科・美容整形、東京イセアクリニック、高須クリニック(ピュアコンデンス)

以上、今日のテーマは「コンデンスリッチ豊胸」でした。
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •