•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


湘南美容外科で切らないたれ目術を受けた結果

こんちには!
蒸されるようにあつい午後です( ̄Д ̄;;

さて、今日のテーマは「湘南美容外科で切らないたれ目術を受けた結果」です
始めに。。
管理人は今までに計8回の美容整形手術を経験しています
(うち2回は失敗→後に修正)

管理人は湘南美容外科で切らないたれ目術を受けた患者さんとのコンタクトは豊富です。
また、湘南美容外科に切らないたれ目術を託そうか、やめようか迷っていた方々の相談も多数受けてきました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

ー 大阪府心斎橋 女性
湘南美容外科で切らないたれ目術を受けたのですが、あまり十分に下がったとはいえません。もっと下がると思っていたのにほんとうに変化があった??という程度でした。口コミ・評判でもたれ目形成のボトックス並に変化が少ないとか、すぐに後戻りしちゃうという感想が目立ちましたが、これが糸によるタッキング法の限界でしょうか?切るタレ目形成をほんとうはしたいのですが万一失敗してしまったら・・と考えるとなかなか踏み出せません。

ー 千葉県 女性
切らないたれ目術の名医を教えてください。一度、他院で糸によるタレ目形成やりましたが、上手くいかずすぐにもどってしまいました。それから成功させるづべはないかと体験談やクリニックブログなどで情報を集めたのですが、切らないたれ目術は下眼瞼の瞼板をCPFという膜に縫合して固定し下まぶたを下げてタレ目を作るという手術なのだそうです。そしてこの手術の最難関はCPFという膜がなかなか見つけられないことなんだそうです。CPFは非常に深い位置にあり目で確かめることがとても難しいものなのだそうです。
湘南美容外科で糸によるタッキング法を考えていますが、小川晋司医師の口コミや評判はいかがですか?

ー 東京都新宿区 男性 元美容外科勤務
私が美容外科勤務していたころ、私のクリニックでも切らないたれ目術をおこなっていました。しかし、私を含め多数の医師がメスを入れないから簡単と思われているこの施術が大変苦手でした。瞼板をCPFという膜に固定縫合することでタレ目を作るのですが、CPFがまず直視下でみつけにくい。さらにCPFに何本もの糸をかけることは困難です。せいぜい3本の糸をかけるのが関の山。なので瞼の下がり具合を細かく調整することはほぼムリに近いです。患者さんは当然、術後の細かいまぶたの形まで求めますのでこの切らないたれ目術の担当になることは憂鬱でした。2chなどではたれ目整形失敗の口コミ・評判
も多く一医師よして心苦しく思います。知人の妹さんが湘南美容外科か八事石坂クリニックで切らないたれ目術をやる予定とのことで相談され、投稿した次第です。

ー 神奈川県横浜市 女性
いままでに、目元の整形を繰り返してきました。二重は埋没法、部分切開。目尻は目尻切開、垂れ目形成。目の下は涙袋ヒアルロン酸注入、経結膜脱脂法。目頭は目頭切開。
いじりすぎは自覚していますが、切らないたれ目術を受けた患者のブログで写真をみて自分もやりたくて仕方ありません。垂れ目形成術の手術方法については下眼瞼下制術の記述を読んで理解しています。湘南美容外科の谷垣マイ先生もしくは宮部誠先生の口コミ・評判を聞かせてもらえないでしょうか?

ー 埼玉県大宮 女性
糸を留めておこなう垂れ目形成術は簡単な方法らしいですが後戻りしやすく、効果が持続しない印象です。また、モニターをした方の口コミ・評判では、切らないたれ目術は下まぶたの裏から行うため、皮膚が余り過ぎてたるみまつ毛が目に刺さりそうになるという報告がありました。そうなってしまった場合は修正でまつ毛の生え際で皮膚のみをで切除するそうです。ダウンタイムもけっこういるのに戻るなら切るたれ目術のほうがいいでしょうか?湘南美容外科の前田純医師か吉本如良医師に担当してもらおうと思っていますがどうでしょう?

ー 愛知県名古屋 男性
グラマラスライン整形のレポブログをきて、切らないたれ目術に興味を持ちました。芸能人では辻希美さんとかモー娘。の人がかなりたれ目整形やってますよね?でも経験者の口コミや評判では切らないたれ目術はプチ整形という部類でないと感想がかかれていました。
CPFを下まぶたの瞼板下端にくっつけてCPFの短縮をすることでタレ目にするそうです。
CPFが深いところにあるので到達するまでに眼輪筋という目の表情を作る筋肉を切開しなきゃいけないらしいです。なので涙袋の形も変化するそうです。口コミ・評判のいい湘南美容外科の中村大輔ドクターか藤井傑ドクターで予約したいです。料金は10万かからないしメスもいらないけど慎重にすすめます

△上記は管理人のブログに寄せられた「湘南美容外科・切らないたれ目術」に関する読者からの寄稿記事です。中には賛成しかねる内容もありますが極力原文にちかい形で掲載しています

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

切らないたれ目術とは、正式な名前は糸によるタッキング法です。
湘南美容外科のタレ目形成(下眼瞼下制術)には3つの方法があります。
結膜のみ切開法する方法と皮膚切開法は切るたれ目術と呼ばれ、それぞれ目の裏側や下まつげラインを切開して目尻を下げます。切るたれ目術は後戻りがないことがメリットですが、睫毛内反といって睫毛が内側に反ってしまうリスクも考えられます。また傷跡が残ることもデメリットです。その点、切らないたれ目術は、結膜側から処置するので傷跡がみえてしまう心配はありません。糸によるタッキング法の手術方法は糸をCPF(Capsulopalpebral fasciaという膜)と瞼板に通して結び付けタレ目を作ります。デメリットはやはり元に戻る可能性が考えられることでしょうか。
切らないたれ目術とはいえ術後は腫れますのでダウンタイムは3日ほどは必要でしょう。施術は30分で痛みを感じることもありません。
湘南美容外科の切らないたれ目術の料金は両目で75,730円です

念のため、管理人は美容整形を湘南美容外科さんで8回受けたわけではありません

以上、今日のテーマは「湘南美容外科で切らないたれ目術を受けた結果」でした
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •