•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎骨削り 失敗

昨年の末に○○クリニックで顎骨削りの整形手術を受けました。しゃくれた長い顎を治すためだったのですが、術後もほとんど変化がありません。左側の顎先からエラにかけてにひきつれ?のようなデコボコもできてしまい失敗だったと後悔しています。

上記は管理人のブログに寄せられた顎骨削り失敗に関する相談者からのメールの一部抜粋です(※掲載の許可は得ています。なお、クリニック名は伏せています)

これまでに自身も8度の美容整形手術を経験し、累計3~4万件の整形相談に載ってきた管理人。
その相談には顎骨削り失敗に関するものも多く含まれます。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

ー 広島県 女性
かみ合わせはきれいで矯正の必要もないのですが、下あごが右下にずれています。顎全体が右に寄ってそこでうまくかみあわさっているというイメージです。ルックスはもちろん左右非対称でゆがんでいます。美容外科に相談にいったらオトガイ骨切り&顎骨削りを提案されましたが、上下のあごの骨を切ったのち顎を削るという話で費用はなんと300万以上!払えるわけがないのでとりあえず顎骨削りだけ受けました。でも今となっては後悔です。あごが歪んだまま顎骨削りで右顎だけ削ったのでオトガイは正中に合っているけど口は曲がっている状態になってしまいました。失敗でした・・医師に言われたとおりオトガイ骨切りをすべきでした。芸能人でも顎の歪みを整形で整える人は多いようですね。この状態からでも顎骨切りはできますか?後遺症としてダウンタイムを過ぎてもまだ麻痺が残っています。横浜エーブクリニック、リッツ美容外科、高須クリニックが候補なので口コミと評判を教えてください

ー 神奈川県 女性
顎骨削り失敗体験談はたくさん読んでいたし、失敗写真も見ていたから自分は大丈夫だろうと思っていました。湘南美容外科、小木曽クリニック、銀座フェイスクリニックなどの輪郭で有名なクリニックにいってしゃくれを改善する方法を聞いてまわったけど、いずれも顎削りがいいといわれました。私はさほど受け口でもないようです。でも私はそれでは満足できなくてもっと小顔になりたいと思って韓国で顎骨削り&Vライン形成をしました。結果、顎が小さく細くなり過ぎ痛みが今でも消えません。顎整形の費用が安いから韓国にしました。いちおう2chでも有名な名医に執刀してもらったのですが、あごがあまりにも細いので気に入りません

ー 福岡県 男性
城本クリニック、ヴェリテクリニック銀座院、コムロ美容外科にカウンセリングへいったが、それぞれで提示されるオペがことなりました。小顔とややしゃくれたあごを治したいのですが、エラ削り+顎骨削り、頬骨削り+エラ削り、オトガイ形成術とおすすめ施術が各医師でちがって、どれも納得できる説明だっただけに悩んでしまっています。人により神経線の場所が全然違うので、削れる量も変わるんでしょうが、できるだけ小顔にしたいです。顎骨削りの失敗画像や後遺症の口コミなど聞いているとやっていい手術なのかという迷いも生じます。顎骨削り失敗の評判も2ちゃんねるとかに多いですしね。一番安い病院を選びたいですが、腫れを早く引かせてダウンタイムを短くするためにも名医に託したいです

ー 愛知県 女性
顎骨削りに失敗して削った部分の組織が癒着を起こし皮膚に引きつれができてしまいました。これを修正できる病院を探しています。顎もあまり変化がなくてできればもっと削りたいです。経験者のブログやにちゃんねるの口コミをもとに、リッツ梅田、ユリシスクリニック浜松、品川美容外科、金沢医科大学形成外科のDr.川上重彦まで絞りました。この先をだれが名医なのかが選べません。それぞれの評判はどうですか?町の美容外科より口腔外科がある大学病院や総合病院でみてもらったほうがいいでしょうか?

ー 東京都 女性
大阪大学医学部形成外科のDr.高田章好かDr.矢野健二、神戸大学医学部美容外科のDr.一瀬晃洋などの大学病院で顎削りたいと考えていますが、口コミでは総合病院などの保険が適応になる形成外科医は美的センスも美容整形の経験もないからきれいになれない、という意見があります。顎骨削りに失敗して泣きをみるのはいやなので評判だけでは決めきれずまよっています。リッツ美容外科大阪がちょうど顎骨削りのモニターを募集しているらしいのですが、リッツritz大阪は失敗例などはないですか?

ー 大阪府 男性
受け口を治すために顎骨削りをやりたいのですが、失敗の口コミもたくさんあるので美容整形外科は危ないでしょうか?美容整形外科は金儲け主義者というイメージです。それよりも市内の大きい病院などの方が責任もって見てくれるでしょうか?大学病院にも美容外科のあるところがありますが、症例が非常に少なく不安を覚えます。いままでに失敗例ゼロの病院なんてないんでしょうし。料金は保険が効けば値段はおさえられますが、大学病院の美容外科でも美容整形に保険適応はムリでしょうね。近畿大学医学部形成外科のDr.磯貝典孝、東京警察病院形成外科のDr.秋月種高の評判はいかがでしょうか?

△上記は管理人のブログに寄せられた「顎骨削り 失敗」に関する読者からの寄稿記事の一部です。中には賛成しかねる内容もありますが参考のため原文にちかい形で掲載しています

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

顎骨削りとは受け口やしゃくれ、顎が長い悩みを解決するためのオトガイ形成術の一つです。あごの骨を削って長さや形を修正します。アゴの左右の長さが微妙に違うような場合にも顎骨削りで左右対称に整えることができます。顎骨削りは比較的軽度な前方への張り出しに対して行われます。長い顎を短くしたい、あごの幅を小さくしたい、アゴが引っ込んでいるのを前に出してEラインを整えたい、という場合は顎骨削りではなく水平骨切り術(中抜き)、垂直骨切り術、T字骨切り術、オトガイ骨切り術などの顎骨切りが適応になります。

顎骨削りの失敗症例としては下記などがあります。
・あごが左右のどちらかに寄ってしまった
・削った部分が凸凹になってしまった失敗
・あまり変化がない
・削ったあたりや下唇に痺れ、麻痺などの後遺症が残った失敗
・予想していたデザインと違う
・たるみがでた失敗
・フェイスラインに引きつれができた

顎骨削りは顎骨切りに比べると難易度の低い施術ではありますが、失敗により外見を損ねてしまったり、後遺症が残ってしまうケースも多々あります。手術は顎骨削りの経験豊富な専門医に任せることで失敗を回避できるでしょう

以上、今日のテーマは「顎骨削り 失敗」でした
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •