•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


反対咬合 手術 失敗

術前矯正を経て○○大学病院の口腔外科で反対咬合手術を受けました。上下顎の骨切りをして上顎を前方に、下顎を後方に移動させるオペでした。受け口が治るのを楽しみにしていましたが、術後出っ歯(?)のような印象になり鼻がつぶれて広がり両顎も右に正中がずれています。反対咬合は治りましたが、見た目がきれいではなく、失敗したと感じてしまいます。

上記は管理人のブログに寄せられた反対咬合手術失敗に関する相談者からのメールの一部抜粋です(※掲載の許可は得ています。なお、病院名は伏せています)

これまでに自身も8度の美容整形手術を経験し、累計3~4万件の整形相談に載ってきた管理人。
その相談には反対咬合手術失敗に関するものも多く含まれます。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

ー 秋田県 女性
この春に反対咬合手術で受け口の治療を行いましたが受け口がなおっていません。私は矯正歯科から紹介状をもらい近くの大学病院へいきました。保険適応だったので手術は35万ほどで受けられましたが、術前から大学病院で受けるか。美容外科で手術するか悩んできたんです。受け口の外科手術ブログをいくつか読みましたけど、大学病院や総合病院で保険が効く手術で満足している人はまずいませんね。2chの口コミでも費用は安くおさえられるけど、受け口がきれいになおらないという悩みや評判が大半を占めます。対して美容外科で手術をうけた人は大成功してきれいになるか、失敗した末路をたどるかの2パターン・・。腫れの期間など写真を比較すると美容外科での反対咬合手術の方が腫れの引きが早いようです。後遺症は美容外科のヤブ医者にあたったときが一番ひどいようでした。手術なしで治せるならそうしたいところですが、わたしの受け口は骨が原因なので骨切りは避けてはとおれません。美容外科ならザ・ホワイトデンタルクリニック、リッツ美容外科
鶴木クリニック、湘南美容歯科のいずれかにしようと候補まで考えていながらやはり保険適応の安心から大学病院で反対咬合手術を受け失敗してしまいました

ー 東京都 女性
反対咬合手術をやりましたが口元全体が前に出てオラウータンみたいな猿みたいな口元になってしまいました。顎変形症手術で後悔するハメのなるとはおもいませんでした。反対咬合手術の成功率は実はかなり低いそうです。かみ合わせじたいはきれいになるのですが、患者の納得いく外見になかなかならないという点で顎の手術は非常に難しいそうです。ブログ体験談をよんでも大満足!という人はまずいないですね。みんな「左右非対称」とか「痺れがとれない」とかなんらかの失敗を感じています。2ちゃんねるでは小木曽クリニック、高須クリニック、酒井形成外科にルフォーⅠ 骨切り術と下顎骨切りの名医がいるといわれていますが、評判の有名医師のところでオペすべきだったでしょうか

ー 愛知県 名古屋市 男性
顎が長くて非常に受け口だったため、某クリニックで反対咬合手術うやったのですが失敗に終わりました。そのクリニックは術後矯正不要ということで、自分は歯列矯正のワイヤーを使うのがどうしてもいやだったのでそこと選びました。しかし術後に上下の歯がかみ合いません。見た目は受け口も治ったし、歯もかみ合っているようにみえますが、実際には歯の尖ったところ同士がぶつかってしまいぎゅっと力を入れられない状態です。こんなにかみ合わせが悪くなるなら矯正を選択するべきでした。自分のやったルフォーⅠ 骨切り術とSSROさ最悪上顎が壊死するという失敗も起こりえるらしく、そのリスクをさけられただけでもいいと思わないと・・。ブログや2chには反対咬合手術で左右非対称になったという口コミも多くてすべて医者の技術が原因なのではないかと思っています。大塚美容形成外科・歯科なら保険で術後矯正や修正ができますか?他に恵比寿ウェストヒルズクリニックとガーデンクリニックの評判もお聞かせください

ー 大阪府 女性
わたしの受け口は遺伝で自分で治すトレーニングもしたし、マウスピースもつけていましたが、改善しませんでした。にちゃんねるや歯ちゃんねるで反対咬合手術の口コミをみて、私も骨切りをしなければ治らないと悟りました。反対咬合手術の失敗ブログで失敗症例写真もいくつか見ていたためデメリットや危険性は承知です。特に上顎のオペに失敗すると鼻が変形して床に広がってしまうと評判なので小鼻縮小や鼻尖形成を一緒にやる人も多いらしいですね。東京美容外科、プリモ麻布十番クリニック、銀座フェイスクリニックの奥田先生か、保阪善昭先生(東京病院、東京クリニック形成外科・美容外科センター)、佐藤英明医師(北里研究所病院美容医学センター)、高田章好先生か矢野健二先生(大阪大学医学部形成外科)に託したいと考えています。それぞれの医者の口コミを聞かせてください

ー 広島県 女性
反対咬合手術の失敗例やブログはたくさんあるけど、これは口腔外科や大学病院でも普通におこなわれている顎変形症の手術らしいですね。どうしてこんなに失敗の口コミや評判が多いのかとおもいますけど、手術方法が複雑なのと手術後の腫れの期間が半年もあるため(ダウンタイムは約2週間)患者が不満に思うのかもしれませんね。とある美容外科のモニターのブログで歯の正中が鼻の正中と合わなくなったという人もいましたよ。酒井成身医師(国際医療福祉大学形成外科附属三田病院)、大口春雄先生(愛知医科大学形成外科)、Dr.大竹尚之(聖路加国際病院形成外科)の技術や評判はどうですか?ライフクリニック、共立美容外科、韓国ID美容外科、しらゆりの伊藤先生の症例などを見てそう感想を持たれますか?

ー 福岡県 男性
反対咬合手術に失敗してあごが右にズレてしまいました。受け口はましになったけどあごの歪みは顔がかなり歪んでみえるので気になって仕方ありません。芸能人が通っているという口コミのあるマックスファクス銀座クリニック、松井医院‎、横浜エーブクリニックで歯科矯正の外科手術をしていれば失敗はなかったのかと後悔しています。反対咬合手術は2度目の骨切り切開は可能ですか?修正が受けられるならDr.百束比古(日本医科大学形成外科)、秋月種高医師(東京警察病院形成外科)、川上重彦先生(金沢医科大学形成外科)らが名医という評判を2chでみたので見当しています。料金は保険が効いた方が安いので助かります

△上記は管理人のブログに寄せられた「反対咬合 手術 失敗」に関する読者からの寄稿記事の一部です。中には賛成しかねる内容もありますが参考のため原文にちかい形で掲載しています

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

反対咬合とは、本来下の歯のアーチに上の歯がかみあわさる状態が逆になってしまい、下顎が上顎より前に突出してしまっている状態をいいます。いわゆる受け口・しゃくれという見た目であり、外見だけではなく咬合機能、滑舌に悪影響があるため、顎変形症と診断されるケースが多く、保険適応で治療できる場合もあります。反対咬合の手術としては一般的にルフォーⅠ型骨切り術+下顎矢状分割骨切り術(SSRO)という上下顎の骨切り手術が選択されます。ルフォー1型骨切りでは上顎を鼻の下のラインで切り適切は場所に自由に動かせるようにします。下顎矢状分割骨切り術(ssro)ではエラの前あたりで斜めに下顎を切断、受け口を治すために後方へ下げます。上下顎を適当な位置に合わせたらチタンプレートとボルトで固定して周辺組織を縫合します。反対咬合の治療を手術だけで完了しようとするクリニックもありますが、通常は歯列矯正歯科と連携を取り咬合の管理をしながら行います。
反対咬合の手術の失敗例としては下記などが上げられます。

<反対咬合手術の失敗症例>
・受け口が完全に治らなかった
・口元全体が突出した(ゴリラ顔貌)
・かみ合わせが悪くなった失敗
・上顎が壊死した(ルフォー失敗が原因)
・鼻が変形した・広がってしまった
・歯の正中が鼻の正中と合わない失敗
・あごが右もしくは左にズレた
・左右対称の輪郭にならなかった
・引きつれをおこした失敗
・痺れや麻痺の後遺症が続く
・感覚がにぶくなった失敗
・傷口が感染を起こした

以上、今日のテーマは「反対咬合 手術 失敗」でした
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •