•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎削り ブログ

顎削りの術前・術後をつづったブログを何個か見たのですが、写真をみると顎が短く顔が四角くなっているようにみえるんですが、あれは失敗ではなく顎削りの完成形ということなんでしょうか?顎だけ削るのではなくエラあたりまで削るVライン形成を受けた方がきれいになれるのでしょうか?

上記は管理人のブログに寄せられた顎削りに関する相談者からのメールの一部抜粋です(※掲載の許可は得ています。)

これまでに自身も8度の美容整形手術を経験し、累計3~4万件の整形相談に載ってきた管理人。
その相談には顎削りに関するものも多く含まれます。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

ー 大阪府 女性
顎削りは顎骨切り系手術の中でリスク一番が低いという口コミを2chでみました。 オトガイの先端を削ってあごを短くするんですが、神経があるところまで削らないしプレートとボルトで固定する必要もなく輪郭整形の中では一番ダウンタイムが短いそうです。顎削り経過ブログを見ていると後遺症のデメリットはあまりないぶん、効果はあまりないという評判が目立ちました。Vラインはあごからエラまで削る手術ですが、削る範囲が広くなる分痺れや麻痺が出やすいし、弛む可能性も大きいらしい。とくに30歳過ぎてからだと皮膚の再生力が落ちるからフェイスリフトなどリフトアップ整形をするしともいろんだとか。顎削りするなら横浜エーブクリニック、高須クリニック、湘南美容外科で迷うのですが、名医を教えていただけませんか?

ー 東京都 女性
受け口、顎長を治したくてルフォーI型骨切り術を検討していました。しかし、あまりに高額で失敗のリスクも高いという体験談や口コミを見て、顎削りに留めておこうか迷っています。顎削りにも水平骨切りや垂直骨切り、T字骨切りなら長いアゴや太いあごも改善できるらしいのですが、後遺症のリスクは高まるし受け口はなおせないらしいです。小木曽クリニックや銀座フェイスクリニックの顎削りブログの写真を見ると十分顎が長いのが改善されてきれいになっているようにみえるんだけどな・・。小顔整形の値段は高額なものが多いけど顎削りはその中でも安い費用です。ルフォーやセットバックは高くて手が出せない場合に選択されることが多いのかもしれません

ー 広島県 男性
極度に長い顎がコンプレックスです。顎削りたいと思い小顔整形に強い韓国の美容外科に相談メールを出しました。通訳がいるので日本語でOKだし写真を何枚か添付すると自分に合った手術をおしえてくれます。自分はVライン形成すすめられましたが、Vライン顎削りやった人の体験談ブログで予想以上に顎が小さく細くなり過ぎあごなしにみえるようになってしまい失敗した、後悔しているという記述があり、評判通り韓国はかなり骨を思い切り切ってしまうようですね。日本で顎削りで口コミのいいクリニックはコムロ美容外科、城本クリニックとかですかね。2chではヴェリテクリニック銀座院は芸能人がお忍びで火曜という口コミがありました。顎削りで何ミリけずれるかというと人により神経の場所が異なるので削れる量も変わってくるのだそうです

ー 福岡県 女性
顎が出ていてさらに曲がっています。見た目が左右非対称であごがずれていると唇もまがってしまうし、笑顔も当然ブサイクです。大きく口を開けると顎関節が左右ばらばらに開くのがわかります。顎削りリッツ梅田のブログをみてリッツ美容外科は症例数が多いし評判もいいのでやりたい気持ちはありますけど、横浜院も名古屋院も閉院しちゃって経営的に大丈夫なか?ってちょっと思っちゃいました。他に口コミのいいのはユリシスクリニック浜松、品川美容外科とかは2ちゃんねるでもうけている人多いみたいです。岩手医科大学医学部形成外科のDr.小林誠一郎も顎整形の権威という評判できになっています

ー 埼玉県 女性
顎削りのモニターになるとブログに写真掲載されますよね?目の部分だけモザイク入れれば身近な人には気づかれないものですか?いままでに美容整形モニターやったことある人いたらおしえてください。腫れない顎削りがあればいいんですけど、顎の先少し整えるだけでもけっこう腫れますか?かみ合わせは悪くないんのですが下あごが左側にずれています。韓国での顎削りも考えましたが、万一失敗したときのアフターケアや保証を考え日本国内で検討しています。口コミのよいクリニックは東京美容外科、南クリニック、マックスファクス銀座クリニックでしょうか。特にマックスファクスは輪郭形成に力を入れているようなので有力候補です。東海大学医学部形成外科のDr.宮内宗男、北里大学医学部形成外科のDr.内沼栄樹のあごの手術の評判も知りたいです

ー 岐阜県 男性
顎削りブログの中には保険適応で大学病院などで手術している方もけっこういますよね?保険がきくきかないの範囲がよくわからないです。矯正歯科医に顎変形症と診断されれば口腔外科を紹介してもらえるらしいですが、自分みたいに歯並びはいいけど顎が長いのを治したい場合はどこにいけばいいんだろう?顎変形症と診断する基準はなんなんでしょうか?にちゃんねるの口コミでは形成外科でも診断されるけど医師の主観によるところが大きくて顎削りやエラ削りが保険で受けられる人とそうでない人がいるということ。料金が大きくちがってくるので病名つけてくれる医師に出会いたいです。北海道大学医学部形成外科のDr.山本有平、千葉大学医学部形成外科のDr.佐藤兼重、自治医科大学形成外科のDr.菅原康志は美容整形を手がけていることで評判ですけど、みんな保険適応で顎削りとか受けているんですかね?

△上記は管理人のブログに寄せられた「顎削り ブログ」に関する読者からの寄稿記事の一部です。中には賛成しかねる内容もありますが参考のため原文にちかい形で掲載しています

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

顎削りをした方のブログには「輪郭整形 顎削り経過blog 」、「ヒミツのサイボーグちゃん。 | mioのブログ 」、「Kellyの輪郭整形ブログ」などがあります。顎の形に悩む日本人は多く、管理人のブログへの相談の中でも目立ちます。顎削りはオトガイ形成、顎骨切り、顎骨削り、オトガイ骨切り、上下顎分節骨切り、セットバック、下顎枝矢状分割術、SSRO、ルフォーⅠ型骨切り術を含む顎の骨切り・骨削りの総称として用いられることもありますが、一般的には軽度の受け口を治すために顎先(オトガイ)の骨を削る手術や、オトガイ水平骨切り、オトガイ垂直骨切りを指す場合が多いといえます。顎削りにもし失敗してしまうと、顎が短くなり顔全体のバランスが悪くなってしまったり、四角い印象を与えたりします。また痺れや麻痺といった後遺症が起きる可能性もありたるみや引きつれなと皮膚へのダメージの原因になる可能性もあります。

以上、今日のテーマは「顎削り ブログ」でした
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •