•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


高須クリニックでのフェイスリフトについて


 

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

フェイスリフト【高須クリニック】について

アラサー独女の管理人。私は高校の卒業式の翌日を皮切りにこれまでに計6回の美容整形を受けてきました。
6回の手術のうち2回は手術料をケチったためにヤブ医者の手にかかり失敗。でも修正手術は名医中の名医に託し2回とも大成功!
なので私の美容整形歴は計8回というほうが正しいですネ(汗)
管理人は美容整形の成功・失敗を自ら経験し、その経験を生かしつつ美容整形カウンセラーもしてきたので美容整形の数々の症例を熟知しています。
管理人はブログにおいて、自身の体験談、名医推奨、失敗しないマル秘情報、業界裏事情、裁判傍聴記、そして時に恐ろしい結末を起こしてしまう美容整形の実態などを綴ってまいりました。
ちなみに、管理人はフェイスリフト等の美容整形を高須クリニックで受けた患者さんとのコンタクトは豊富です。
また、フェイスリフト等を高須クリニックに託そうか・やめようか迷っていた方々の相談も多数受けて参りました。
念のため、管理人は美容整形を高須クリニックさんで8回受けたわけではありません。

<フェイスリフト>
フェイスリフトとは、顔のリフトアップをすることで老化によるしわやたるみを改善し若返りを図るアンチエイジングを目的とした美容整形手術です。
顔面除皺術などと呼ばれる場合もあります。
フェイスリフト手術には、顔のどの部位を施術するか、どのくらいの面積を施術するか、また、深さはどこまで処置をするかによっていくつかの分け方があります。
例えば、顔のどの部位を施術するかですと、前額リフト、こめかみ(側頭)リフト、頬のリフト、下顎のリフト 、ネックリフトの5つに大きく分けられます。
顏全体はつながっているので、これらの複数箇所の手術を合わせて行う方が効果的な場合もあります。
頬のリフトだけをフェイスリフト・ミニリフトと呼ぶ場合もあり、上記5つ以外にも上下まぶたのたるみ取り手術、顔の中央部分のたるみを改善するミッドフェイスリフト、鼻の下を短くし、上唇を厚くするリップリフトなどもフェイスリフトの一種だとするクリニックもあります。
また、フェイスリフトで深さをどこまで処置をするかについてですが、顔は最も外側にある表皮、その下の真皮、皮下組織、表在性筋膜(SMAS)、表情筋、骨膜、骨、という層になっており、そのどこまで処置をするかにより仕上がりが異なってきます。
顔のたるみの原因は、表面の皮膚だけではなく深部にある皮下組織やSMASがゆるんでしまっていることが多いので、多くのクリニックではSMAS筋膜から引き上げる方法が採用されています。
このように、一口にフェイスリフトといっても、治療する部位、面積、深さによって組み合わせは豊富で、また各美容外科ごとにそれぞれの施術に独自の呼び名を付けているため、フェイスリフトのバリエーションは非常に多く存在します。

<高須クリニック>
高須クリニックは全国に5院を展開している美容外科クリニックです。

◇高須クリニックの全国のクリニック一覧は下記の通りです。
東京院、横浜院、名古屋院、栄院、大阪院。

◇高須クリニックの医師一覧は下記の通りです。(敬称略)
高須克弥、高須幹弥、高須英津子、高須敬子、清水弘己、奥田裕章、谷奈保紀、服部良光、日下志厳、鵜飼潤、森本剛、武川力、入谷英里、清水善徳、佐野ゆかり、呂秀彦、井上準子、草野太郎、佐藤伸弘、湯田竜司、飯塚文子、大久保文雄

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •