•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


湘南美容外科で裏ハムラ法を受けた結果

こんちには。
今日のテーマは「湘南美容外科で裏ハムラ法を受けた結果」です。

管理人は湘南美容外科で裏ハムラ法を受けた患者さんとのコンタクト経験はは豊富にあります。
また、湘南美容外科に裏ハムラ法を託そうか、やめようか迷っていた方々の相談も多数受けてきました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

▽下記は管理人の元に寄せられた「湘南美容外科・裏ハムラ法」に関する読者からの相談・寄稿文等です。
中には管理人としては賛成しかねる内容もありますができるだけ原文のままの形で載せるようにしています。(掲載の承諾は個々より得ています)

― 東京都 女性 50代
目の下に袋のように大きなたるみができていて悩んでいます。
裏ハムラ法を選ぶかハムラ法を選ぶか迷っていて、湘南美容外科はどちらもやっているので、先日のカウンセリングで質問してみました。
ハムラ法のメリットは皮膚の張りを出すことができること。
逆にデメリットは皮膚を切開する必要があることです。
あと涙袋の形が自然でなくなる可能性もあり、一番困るのが下まぶたが外反してあっかんベーの状態になってしまう可能性があるそうです。
これらのデメリットを聞くと、やはり裏ハムラ法の方がいいと思うのですが、裏ハムラ法に反対のクリニックも多いらしくどうするべきか決めかねています。

― 愛知県 女性 40代
湘南美容外科で裏ハムラ法を検討しています。
年齢の割にまぶたの下のたるみがひどくて解消したいです。
目元で年齢の印象というのはかなり変わります。
老けて見られるのがとても嫌なので。
私は過度にたるんでいるわけではないので裏ハムラ法がベストかと思いますが、SNSなどで裏ハムラ法で失敗したという口コミも聞くので不安になっています。

― 大阪府 女性 60代
裏ハムラ法はハムラ法より難しいそうですね。
裏ハムラ法で形を作れる技術がなければ、ハムラ法でも形を作れないらしいです。
ですので、ハムラ法しかやっていない医師はあまり技術がないということでしょうか?
指で目尻付近の皮膚を引っ張ると皮膚の張りも目の下の膨らみも解決されます。
手術で、このように皮膚を引っ張った状態にしたいです。
裏ハムラ法で施術された方のブログを読んだのですが、目の下のたるみがあった部分が凹んで陥没していて、あのようにになるのは避けたいのです。
裏ハムラ法の名医を教えていただけないでしょうか?
後戻りがないように糸ではなく切開でしたいと思っています。

― 兵庫県 男性 50代
目元の老けがひどく、疲れた印象に見えてしまうため、湘南美容外科で裏ハムラ法を受けました。
手術後から当日の夜中までは両目から出血していました。
日帰りだったので帰りはずっとタオルで目を押さえて電車に乗りました。
鎮痛剤が効いていたので痛みは術中、術後ほとんどありませんでした。
突っ張るような違和感は今も多少残っています。
3日は目の下がパンパンに腫れるので会社には行けません。
結局、術後1週間はダウンタイムが必要でした。
腫れや経過は人それぞれでしょうが、3日しか休みを取らなかったのは失敗だったと思います。

― 奈良県 女性 70代
湘南美容外科で裏ハムラ法のモニターをやりました。
加齢とともに目の下がたるみ、しわしわでとても気になっていましたが、美容関係に努めていた妹の勧めではじめて整形を受けてみました。
私的には、やってとてもよかったです。
目の下のたるみもくまもふくらみもなくなり、今はフラットに近い状態です。
モニターにさせていただき安い料金で出来ましたし、若返って生活も楽しくなりました。

― 神奈川県 女性 40代
目元のクマ?ふくらみ?がひどくて常に徹夜明けみたいな表情です。
いつからなのかはわかりません。
日々の忙しさに忙殺されているうちにクマがすごくなっていました。
主人は始め整形に大反対で辛かったですが、なんとか理解してもらえました。
料金は本当のことはとは言い出せず、10万くらいと嘘をつきました。
へそくりでやりくりしました(笑)
でも結果には満足しています。目元のふくらみがなくなっただけでだいぶ若返りますね。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

裏ハムラ法は目の下のたるみやふくらみを取るための施術です。
湘南美容外科のハムラ法には切開ハムラ法と裏ハムラ法の2種類があります。
切開ハムラ法は下まぶたのまつ毛の下の目立たない部分の皮膚を切開し、膨らんでいる部分の脂肪をくぼんだ部分に移動させます。
余分な皮膚も同時に切除することができるので、ふくらみの大きい方などに適しています。
裏ハムラ法は下まぶたの裏側(結膜側)を切開し、膨らんでいる部分の脂肪をくぼんだ部分に移動させます。ふくらみや皮膚の余りが少ない方に適しています。
そもそも、目の下のたるみやふくらみの原因は、表皮の下にある真皮の部分にコラーゲンやヒアルロン酸が減少することで凹みがでてしまいます。
また、眼球を支えているじん帯のゆるみで、下まぶたの皮膚と眼輪筋もゆるみ、さらにまぶた奥野脂肪も支えられなくなって目の下がぷっくりと膨らんでしまいます。
裏ハムラ法に対しては方法にも効果にも疑問視する声が上がっており、クリニックによっては行っていない場合もあります。
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •