•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


【脂肪注入豊胸 体験談】

アラサー独女の管理人。これまでに計6回の美容整形を受けてきました。
6回の手術中2回はヤブ医者の手にかかり失敗。でも修正手術は名医中の名医に託して2回とも無事に成功!
つまり私の美容整形歴は計8回が正しいですね。
管理人は美容整形の成功・失敗を自ら体験し、その経験を生かして美容整形カウンセラーもしてきたので脂肪注入豊胸を含め美容整形の数々の症例を熟知しています。
このブログでは自身の体験談に加え、名医推奨、失敗しないマル秘情報、業界裏事情、裁判傍聴記、そして時に恐ろしい結末を起こしてしまう美容整形の実態などをつづっています。
ちなみに、管理人は脂肪注入豊胸を受けた患者さんとのコンタクトは豊富です。
また、脂肪注入豊胸をどこのクリニックに託そうか迷っていた方々の相談も多数受けて参りました。

<脂肪注入豊胸>
脂肪注入豊胸は、太ももや臀部などから脂肪を採取しバストに注入することでバストアップさせるという方法です。脂肪注入豊胸は脂肪吸引で痩せたい部分を細くできて、バストは理想のサイズにバストアップできるので一石二鳥と考えている方もいるようですが、実際にはそう単純ではありません。脂肪注入豊胸は大量の脂肪吸引を行うことによって初めて可能になる手術なので、太っていてたくさん皮下脂肪がついている人でなければ、この方法で豊胸することができません。また、脂肪吸引はいずれの部位でも脂肪を採りすぎてしまうと、採ったところの皮膚が弛んだり、凸凹になったりしてしまうので、採りすぎないように、ある程度皮下脂肪を残す必要があります。なので「極限まで細くしたい」という願望を抱いている方もいますがそうできるわけではありません。
脂肪注入豊胸のメリットとして、異物を入れないので罪悪感がない、メスを使用しないので傷跡が小さいなどが挙げられます。逆にデメリットとしては、手術後どのくらいの大きさになるかを予測することができません。なぜなら、バストに注入された脂肪は全部残るわけではなく、吸収されてなくなる分もありどのくらいの脂肪が残るかは実際にやってみないとわからないためです。目安としては半カップから1カップの範囲のほんの少しの豊胸向きともいわれています。また、しこりや石灰化のリスクも無視できません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •