•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨削り 韓国 修正手術

4

管理人の元には「美容整形について多くの人に知ってほしいので自分の体験談をブログにのせてください」というメールがけっこう届きます。中には管理人としては賛成しかねる内容もありますが敢えて原文に極力ちかい形で載せるようにしています。

頬骨削り 韓国 修正手術

2年前に韓国で頬骨削りとエラ削り(Vライン形成)の手術を受けました。
頬骨削りとエラ削りの手術を受けた病院は韓国の美容外科を紹介してくれるサイトからの紹介で決めました。

5

そのサイトを運営しているスタッフの人から
「頬骨削りとエラ削りなら絶対にここがおすすめです。輪郭の専門病院だし、○○美容外科の××先生はその道の権威なので予約を取るのはとても難しいんですよ。」
と太鼓判を押されてその美容外科に決めました。
頬骨削りとエラ削り両方やって140万ほどでした。
日本なら同じ手術で200万近くかかるので、術前はとっても得した気分でいました。
しかし、術後、帰国してから頬やエラの削ったあたりに違和感を感じ始めました。

6

目から頬にかけての筋肉が引きつって目が上手く開かずつり目みたいになってしまいます。
頬骨削りで削った頬の感触は鈍くて、歯医者で治療の時に麻酔をされて痺れる感覚が常に続いているような感じです。エラは角を削られたのですが、エラ削りで削られた部分が丸わかりで角の部分が2つあるようなおかしな輪郭になってしまいました。
この症状を電話やメールで伝えても時間が経てば治ります、としか言われず、日本の美容外科に駆け込んでみてもらうと
「神経の近くまで削りすぎて神経に負担がかかっている」
とのこと。

5

頬骨削りとエラ削りの手術をした韓国の美容外科の名前を伝えると
「なんでそんなところでやっちゃったの??」
と。。
紹介サイトに名医と紹介された病院&医師なのに。。!
なぜこんなことになってしまったのか。。

2

悔しくてたまりません。
近日中に日本で修正手術を受ける予定ですが、後遺症の痺れなどは治るかわからないとのこと。
これから韓国で頬骨削りとエラ削りの手術を計画している人はくれぐれも気をつけてくださいね。

1
.
※イメージしやすいよう文中に画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •