•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎 中抜き ブログ

顎の中抜きブログをいくつか拝見したのですが、顎が短くなってもしゃくれは治らないという失敗評判が少し気にかかります。ヴェリテクリニックでの顎中抜き(アゴ切り)を検討していますが、オトガイ水平骨切りのリスクやダウンタイムについて詳しく知りたいです。顎が短くなることで顔のバランスを損なうことはあるのでしょうか?当初、リッツ美容外科で手術を受ける予定でしたが、リッツ輪郭失敗の口コミを見つけて、怖くなってキャンセルしました。噂などに振り回されてはいけないと思いつつ、実際に顎の骨を切るとなると後遺症や副作用が心配です。顎中抜きのブログの中にはやはり失敗して整形手術を後悔している人もいるようで形成外科専門医で美容外科につ精通していて頭蓋骨顔面外科の資格を持った輪郭形成の上手い名医を教えていただきたくメールしました。医師が監修した美容医療の情報サイトなども読んだのですが、結局どこかのクリニックの宣伝なのではないか?という疑念があり内容を素直に受け入れられません。

(△管理人のブログに寄せられた読者の相談より抜粋。※掲載の許可は得ている)

今日のテーマは「顎 中抜き ブログ」です

これまでに計8回の美容整形手術を受けてきた管理人。
(そのうち2回は失敗→後に修正して成功)

管理人は顎 中抜きを受けた患者の方々とのコンタクトは豊富です。
また、顎 中抜きの美容整形手術をどこの病院に託したらいいのか?と迷っていた人たちの相談も多数受けてきました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

― 女性 30代
Twitter(ツイッター)やinstagram(インスタグラム)でよく整形のことを調べて症例写真を見たりしています。私は受け口でアゴの長さが4センチもあり顎の中抜きをやりたくて、よく検索しています。顎中抜きのブログもいくつか読みましたが、オトガイ水平骨切りはデメリットの多い手術なのではないか?という感覚があります。顎中抜きのダウンタイムは目立つ腫れが取れるまでに一ヶ月はかかるみたいだし、ヴェリテクリニックの福田慶三医師や表参道スキンクリニックの中西雄二先生など評判のいい先生でも失敗する可能性はあるみたい。顎中抜きの症例をみていると口コミのいい形成外科医も何人かいるけど保険適応でできる手術ではないんですよね。

― 男性 20代
顎中抜きのブログを見て自分の長すぎる顎を短くできるのではないかと思い顎のオトガイ部分をきれいに切ってくれる顎整形の名医を探しています。評判や医師が監修している口コミサイトを見てリッツ美容外科の広比利次先生かヴェリテクリニック銀座院の李政秀医師がいいと思ったのですが、リッツは輪郭失敗の評判もけっこうあって裁判沙汰にもなったことがあるらしいので、ヴェリテの李政秀先生がいいかなと思っています。名古屋院の先生なんですよね?顎削りした芸能人の中には綾瀬はるかや新垣結衣なども含まれるのでしょうか?顎骨切りのダウンタイムは3週間といいますが、顎中抜きブログの経過写真を見るに1ヶ月は腫れると覚悟したほうがよさそうですね。

― 女性 40代
顎削りを受けたことがありますが、満足いくほど骨が短くなりませんでした。ヴェリテクリニックの顎中抜きのブログ(アゴ切り)を見て顎整形の費用が予算内であれば是非やりたいと思うようになりました。ヴェリテは鼻が上手いという口コミが多いようですが、すべての医師は形成外科専門医で美容外科学会に入っている医師でもありさらに頭蓋骨顔面外科医ということはどのドクターもアゴや輪郭形成が形成外科などでもできる資格があるという意味ですよね。顎の中抜きはリスクの高いオペなので評判のいいドクターにかならずかかりたいです。

― 女性 50代
小顔整形の値段はどうしても100万近く行くんですね。大学病院の形成外科で美容外科もある病院あるじゃないですか?北里大学とか杏林大学とか警察病院もそうでしたっけ?顎削りの費用は総合病院でも変わらないんですか?大学病院の美容外科なら保険が効くのでしょうか?ヴェリテクリニックの大阪院に大橋菜都子先生という輪郭形成で口コミのいい先生がいるのですが、評判はいいのでしょうか?顎中抜きのブログを読んでインスタなどで調べても写真で術前・術後であまり変化がないのありますよね?

― 男性 20代
ヴェリテクリニックの八杉悠先生か陳建穎医師のモニターで顎中抜きしたいです。ブログで整形(小顔術)の症例を見ましたけど、やりすぎるとエラや頬骨が目立ってしまう気がします。顎はやはり適度に出ていた方がかえって小顔にみえるのかもしれません。湘南美容外科の福澤見菜子先生の評判も気になります。顎中抜きであごに段差ができたという口コミがありましたが、そういう失敗症例は多いのでしょうか?

― 女性 30代
Vライン整形を日本でやるか韓国のID美容外科やTAKO美容外科でやるか迷っています。顎削り失敗は日本でも韓国でも同じことですからリスクは同じですよね。診療メニューには「顎切り」や「オトガイ水平骨切り」と表示されているものが多いようですね。顎中抜きのブログではドクターが書いているものが多いから医者は自分のクリニックの評判は良く書くじゃないですか。あてにならないなって思います。ヴェリテクリニックの料金は安い方ではありませんが、口コミがいい医師が多いから(三苫葉子先生や福田慶三先生など)第一候補です。他にはリラ・クラニオフェイシャル・クリニックの菅原康志医師とマックスファクス銀座クリニックの渡邊裕之医師、銀座フェイスクリニックの奥田宗央医師、横浜エーブクリニックの阿部先生も気になっています。

△以上、管理人のブログに投稿された「顎 中抜き ブログ」に関する読者からの寄稿記事。(賛成しかねる内容も参考までに出来る限りそのまま載せています)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

顎の中抜きとはオトガイ骨2段水平骨切り術のことです。(顎切りなどとも呼ばれる)下顎の骨のオトガイ孔とよばれる左右にある神経の通っている穴より5ミリ以上下の部分を2段に水平骨切りして中の骨片を取り除くことで顎の長さを短くします。ワイヤーで上下の骨片を固定し、最後にできた段差を骨削りして輪郭ラインをなだらかに整えます。顎の中抜きブログは各美容外科のドクターによりかかれているものが多いのですが、そこでも語られている通り、顎の中抜きで重要な点はオトガイ孔に通っている神経に触れないことはもちろん、(術後にしびれや感覚麻痺の原因になる)最後に顎削りで骨を段差なくなめらなにする骨削りが実は非常に難しいのです。さらに顎中抜きのブログでも語られていますが、顎中抜きの失敗例として多いのが「顎が短くなったことで顔のバランスをそこなった」という訴えです。顎の中抜きは単にあごの長さにう注目するだけでなく、エラや頬などの輪郭線と目や鼻とのバランスも考慮にながら行わなければなりません。

以上、今日のテーマは「顎 中抜き ブログ」でした。
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •