•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


受け口手術のダウンタイム

14

管理人の元には「美容整形について多くの人に知ってほしいので自分の体験談をブログにのせてください」というメールがけっこう届きます。中には管理人としては賛成しかねる内容もありますが敢えて原文に極力ちかい形で載せるようにしています。

17

受け口ダウンタイム
顎が前に出ていて長いのがとてもコンプレックスです。
普通に真顔でも受け口ですが、笑うとアントニオ猪木みたいにひどくしゃくれ、人前で笑う時にとても気になります。
この顎を手術で治せるということを最近知りました。
受け口やしゃくれは正式名所(専門用語)で下顎前突というそうです。
下顎前突を治すには下顎分節骨切り術か下顎セットバック手術、もしくは上下顎セットバック手術をいうのを行うそうです。

16

この三つはいずれも下顎の骨を切って後ろに下げる手術です。
上顎の位置も調節したほうがいい場合、上下顎セットバック手術の適応になるそうです。
一日でも早くこの手術を受けたいです。
費用が貯まり次第、手術に踏み切りたいのですが、そこで心配なのがダウンタイムのことです。
受け口の手術のダウンタイムは2週間と聞きます。私は実家暮らしなので(家族には内緒で手術を受ける予定です)手術する病院の近くに2週間ほどホテルを予約するつもりでいるのですが、2週間で完全に腫れなどは取れますでしょうか?

15

完全に腫れが引くのは3ヶ月後と書いてある体験談もあるし、半年後と書いてある口コミもあります。
さすがにそんなに長くは家を空けられません。
受け口手術のダウンタイムについて詳しく教えていただきたいです。

18
.
※イメージしやすいよう文中に画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •